FC2ブログ

category: First Love  1/14

心に残る雪

No image

曇る硝子は冬の訪れ君の面影が写り消える大切だった思い出はセピア色に変わっていく一番大切だったのに誰よりも遠くへいってしまったずっと忘れたくなかったこんな僕を支えてくれた誰よりも君を愛してた寂しさが心に残る雪...

パラドックスの扉

No image

頭によぎるのは君のこと君と一緒に生きてられたらどんな日々を過ごしてただろうパラドックスの扉開けようもしもに囚われないで開けよう君が生きてる世界を望もう少しだけ夢と現実がごちゃ混ぜの素敵な世界を堪能しようそこは君と僕がいる世界なんの柵もない世界...

風が舞う 花びらの中に

No image

君が居なくなってから 随分と時が経ちました僕は今も君を探して ずっと夢を見てましたこぼれ落ちる涙が 絶望という 痛みならば僕はこれに耐えるすべを未だに知らないのですゆらり揺れて 風が舞う 花びらの中に君の香りがした気がして 戸惑うばかり高い枝に鳥が止まる 緑の木々の中へ君とよく見た散歩道が 今は苦しいのです戸惑う言葉 投げては捨てて置き去りの感情 持って来ても君はもう この世には居ないのにねサヨナラさえも伝え...

今がどうか幸せでありますように

No image

僕と君が色彩は どこまでも白く続いていくあの星空が黒ならば 僕たちは何色なのだろう薄い雲が月に照らされて 輝くのは運河のようだ流されていく星星に 願いを込められたのならそれは永遠じゃなくていい ただ一時の幸せでもいい神様は不平等だって 僕たちはすでに知ってるから気がついた時には いつだって遅いから今がどうか幸せでありますように...

あの日の夜

No image

咲いた花は枯れて傷だけが今も痛いただ君の側にいたかったあの日の夜月に照らされた鉄の獣が君を連れ去ってからどれだけの時が咲いた花が枯れて傷だけが今も痛いただ君に会いたかったあの日の夜ずっと言えなかったごめんねとありがとう側に居たはずなのにね...