FC2ブログ

archive: 2002年07月  1/1

あなた

No image

出来ることならば、あなたの手になりたい自由をあなたと手に入れたい出来ることならば、あなたの足になりたい自由がある場所へあなたと行きたい出来ることならば、あなたの翼になりたい広く青い空へあなたと行きたい出来ることならば、あなたと一つになりたいいつまでもあなたを感じたい...

行き先

No image

知らない間に俺は知らないところに来てしまった行き先すら分からずに家を飛び出してあてもなく走り続けてたどり着いた場所は悲しいシステムに繋がれた社会何故ここにいるの?その問いには、答えられなかった人が人の心をなくし行き先すら分からずに彷徨いそれでも何かを求めてあがき続けていた。...

世界

No image

この広い世界で俺はどれだけのことを知っているのだろう?この広い世界で俺はどれだけ知られているのだろう?この広い世界で俺の想いはキミに真っ直ぐに届いているかい?...

進歩

No image

人の技術は、進歩を続ける人の心は、進歩すら出来ないで止まっている人の心を忘れた人々が戸惑い人の命がもて遊ばれていく...

叫び

No image

俺の心が叫びをあげるこれでいいのか?と俺はいつから、他人を信じられなくなったんだ?聞くこと全てが偽りに聞こえてくる俺の心が叫びをあげるこれでいいのか?と右も左も分からない、子どものようにまるで知らない町に紛れ込んだように俺の心が叫びをあげるこれでいいのか?と俺は、明日すら分からない俺は、ただ壁ずたいにあがきながら歩いていく...

No image

俺の瞳の奥に映る君は今何処にいるんだい?もう俺の瞳から君が消えないよ今すぐに会いたい今すぐに抱きしめたいもうブレーキを踏めないよ今夜は君と快楽の海に沈みたい...

完全

No image

欲望に満ち溢れた世界 この罪深き人生人が使ってきた幻想にすがり俺が俺では、なくなっていくよ完全な世界があるのならきっとそこは、素晴らしいだろう俺はいくつもの夜を向かえて君を探し続けるのだろう夢の中で君を抱きしめながら完全な世界があるのならそこは同じ青い空が広がっているのかな不完全な俺は、つねに求めている完全な世界をつねに求めている...

友へ

No image

ねえ、覚えてる?俺たちが過ごした日々失うことがやけに多い毎日だけど俺は、幸せを探しているよ。俺たちは、気づかぬふりをしてきたねいつしか二人を引き裂いてしまうことを見詰め合うことすら出来ず過ごした日々互いにすれ違った毎日だけど俺は決して忘れないよ時の流れに偽りを感じてもキミは笑顔を浮かべていたねまた、太陽が沈もうとしているよ俺は、また一人になってしまう、だけどキミだけが俺を見ていてくれたね離れて暮ら...

No image

人を愛すると言うことは自分も愛されると言うことで決して自分一人の気持ちじゃないいんだよだから、愛することを忘れないでだから、愛されることを忘れないでキミは決して一人じゃないんだから心を開いて俺を受け入れておくれ...

No image

思えば、たくさんの思い出が今の俺を作っているあのころは、こんなことしたねあのころは、こんなだったねあのころの俺よ俺は、真っ直ぐに道を歩けているかい?...

自然

No image

自然は、人によって支配されないものの一つ自然は、人と違い素直に心を表してくれる時には、激しい嵐を時には、優しい風をこんなにも素直な自然だから俺は、少しでも自然を感じていたいのかも...

No image

心が悲しみに支配され何のために生きてるのか解らなくなるこれから何処へ行けばいいのか今、俺は何処にいるのかもう、何も考えたくない心が逆さまに落ちていくようだ絶望の死と希望の生その狭間を彷徨っている俺は希望の光を求めて歩き続けようと思う...

親へ

No image

あなたがいるから、俺がいるあなたがいたから、俺がいるあなたの近くで役にたちたいけど、俺は心のように素直になれない1歳の誕生日、俺は覚えてないけどあなたは、覚えてくれているね俺は、今年で17歳になったよ今の俺がいるのは、あなたのおかげです心から、『ありがとう』...

No image

一体どいつがホントの俺だ?家にいる時の俺?学校にいる時の俺?友達といる時の俺?一人でいる時の俺?いろんな俺がいる気がするけど、どれがホントの自分かなんて俺にはわからない。俺は、俺の事がわかるほど、俺自身と向き合ったことはないから...

友へ

No image

誰にも大切な人がいるはずなのに誰にも命を奪う権利なんて無いのに何も考えられない 一人にしてほしかった俺の周りの言葉は 分かりもしなかったベンチに座って いろいろな思い出の中で俺はキミと笑っていた誰にも大切な人がいるはずなのに誰にも命を奪う権利なんて無いのに空から降る雨は俺の心を感じ取ったように冷たくて 悲しみにみちていたけど そんなことはないんだね俺が泣いている日でも太陽は輝いている誰にも大切な人...

世界

No image

お前は外の世界を見たことがあるかい?そこは何が正しいのかわからないまま戦いに借り出されて、苦しみの果てに目を開けることもなくなるそう俺たちがいる場所はエデンなのさだけど天使は、何処にも居ないんだ。外では何億人もが苦しんでいるのに俺たちは、見ないフリをしているんだ。生きているヤツは、みんな悪魔なのさ...

過ち

No image

間違った行動でしか自分を表現出来ず犯罪という形を知らず知らずに取っていた愛し愛されるという簡単なことを忘れてしまっている俺は何かに飢え求め傷つき過ちを犯している。...