FC2ブログ

archive: 2004年02月  1/1

荒野の世界

No image

未来が消えていく立ち止まれば今、僕らの世界が壊れていく乾いた風が僕の中を通り抜けあの空と同じ灰色の心に僕が今できることは涙のような雨を受け止めるだけ乾いた風が僕の中を今そっと静かに通り過ぎていく灰色の太陽が雲に隠れて消えていく藍色の月が僕を照らしている二つの命が僕の手にそっとあの種のくれたんだ今、荒野のようなこの世界を涙のような雨が潤していく今、荒野のようなこの世界に愛の花で全てを埋め尽くしたい...

天気が気分

No image

苦しい日が続いたっていつか輝ける日が来るんだ水溜りはいつか太陽に熱されてあの青空へと帰っていくんだほら今キミの上に太陽が優しく微笑みかけてくれている日差しが強いと感じたら雲を呼んで隠せばいいでもキミにはまだ必要ないね雨が降ったら虹をわたればいいくだらない悩みなんか忘れちまえ生きているんだ輝ける時が来るほらあの太陽が笑っているからずっと...

居場所探し

No image

生きているんだから雨降りの日もあるだろう今僕の目の前に傘をさしてる人がいるその横には雨にうたれる人もいる人生っていうのはホントいろいろあるんだね晴れた後で虹を見る人水溜りを見てる人僕は青空を探して旅に出てた風に流れていく雲を追いかけて地球の周りをまわってる太陽探していつか僕の場所にたどり着けるのかなあヾ僕はまだ旅をしているよ...

高いビル

No image

高いビルの上から見た街は思っていたよりも小さくて全て手に入る気がしたこのビルに入る前は不安の迷路に迷い込んで電線と路地で入り組んでた一方通行の細い路地だった誰も救い出してはくれないのさ自分で抜け出なきゃ皆同じ方向に歩いてるんだ自分一人じゃないってこと高いビルから見てみな...

無抵抗

No image

いつもツルんでたから教室にいても一人になっちまういまさら他のグループになんて行けやしないのさトイレで一人煙草ふかして二本目を吸い始めると先生に見つかっちまう逃げ出し方も知らない俺さ今更必死になって勉強して今更必死になっていい顔で今更必死で暴れまわったってもう一人だから・・・...

夢と星

No image

俺が夢を空の星に例えるのは決して手の届かない場所にあるからで人は夢を追い続ければ決して病むことはないんだぜかけがえのない友に支えらながら俺は俺の道をただ進むだけ見失ったものは沢山あるけどまた見つけることが出来るんだから夜空の星を見続ける限りは決して道を踏み外すことはなくて辛いことがあっても笑って吹き飛ばせるはずさ俺が夢を空の星に例えるのはいつでも頭上で輝いているからで人は夢を見失わなければ決して病...

暖かい気持ち

No image

僕らが生きてきた道は誰かの手で一緒に作り上げたものだから決して一人のものなんかじゃないってこと本当は分かっているのにでも何故だか僕は一人の道がたった一人の道が欲しくて親や親友を傷つけて仲間とも離れて一人の道を進もうと選んでいただけど人は一人では生きていけないとあの先生が僕が教えてくれた誰でも生きるということは辛いことでだから僕は迷わずに仲間を支えていこう誰かが躓いた時に手を差し伸べられるそんな大人...