FC2ブログ

archive: 2015年12月  1/1

滲む空を見上げていた

No image

滲む空を見上げていた誰かが泣いているのかな悲しみってのは心に深く傷を残して消えていく涙目で見た青空は孤独に似ていた誰もが側にいるのに独りだった強がりをみせた僕の声は誰かの心に届きますか温もりなど知らなければ僕は僕のままでいられた失う怖さを知って動けないまた誰かが僕の近くから遠ざかっていく足音が聞こえる孤独な夜に飲み込まれて再度誰かの手を掴むのだろう離されると知りながら...