FC2ブログ
10
2002

彼のために

CATEGORY2002
生きていくための正義と真実にとまどい
教室の隅でうずくまる彼に何してやれる

電車の音と先生の声が静かに響く冷たい教室
俺の耳に届くのは彼が苦しみ叫ぶ声
窓を開ければ蝉の鳴き声が聞こえ
道で話している人の声も聞こえて
彼の声遠ざけようとする俺が見える

彼と彼との間に壁が作られ自分すら見失う
日のあたることのない冷たい部屋の中で
生きていくための愛と偽りに戸惑い
苦しむ彼に俺は何してやれる

彼の心に無断で入り込めたとしても
彼を救うことになるのかい?