FC2ブログ
05
2003

若き青春

CATEGORY2003
久しぶりに皆の顔を見て
懐かしくて笑い声が響き渡る
小雨が頬をたたく中でも

急な上り坂に邪魔をされて
心の鍵が壊れそうになっても
登りきる事しかできなくて

何をしたらいいか分からなくて
立ち止まり厚手の服で心隠し
誰かが口を開くの待っていた

互いに意地を張り合っても
倒れるまでやめられない
勝負の中でさえ楽しさがいた