FC2ブログ
05
2003

流れる日々

CATEGORY2003
部屋とベランダの間で壁に寄りかかり
雲のない流れる空を見上げて
力強く吹く風も心の中を
無意味に過ぎていく

あの日々が目の前を横切っていく
いつも一緒に居るのに心が遠いい
表面じゃ分かった気がしてたのに

友達にも尖った背中を見せてまで
独りになりたい夜もあった
言葉を語らなくても分かった
そんな日もあったかな