FC2ブログ
05
2004

暖かい気持ち

CATEGORY2004
僕らが生きてきた道は誰かの手で
一緒に作り上げたものだから
決して一人のものなんかじゃないってこと
本当は分かっているのに

でも何故だか僕は一人の道が
たった一人の道が欲しくて
親や親友を傷つけて仲間とも離れて
一人の道を進もうと選んでいた
だけど

人は一人では生きていけないと
あの先生が僕が教えてくれた
誰でも生きるということは辛いことで
だから僕は迷わずに仲間を支えていこう

誰かが躓いた時に手を差し伸べられる
そんな大人に僕はなっていきたい

苛立ちばかり抱えた日々は
孤独の太陽が僕を押し殺し
つかの間の優しさは僕の心に
静かに息を吹き戻していく

忘れていた あの優しさが
あの祖母がくれた優しさが
今やっと僕にも分かってきたんだ
これからこの手で誰かを支えていこう

人は一人では生きていけないから
暖かい気持ちを持ち続けて生きよう
誰でも孤独に震える時もあるさ
だけどそんな時こそ優しい顔をしていよう

きっと誰かが君の事を見守っているから
だから僕も確りとこの道を歩ける