FC2ブログ
05
2004

月とカサナッタ夜

CATEGORY2004
月が俺の心にストレートに話しかけてくるんだ
暗い夜道の中で先が見えなくて不安だった
だけどお前が教えてくれた俺に言葉をくれた
決して優しセリフじゃなかったけど

先が見えないからって止まってたらダメなのさ
自分が見えないだけで誰かが見てるかも
だから必死で格好つけて歩かなきゃ
誰もがお前のことを見捨てて行くぜ

俺は必死で歩いた暗闇の中彷徨った
口にくわえた煙草で微かな道を探してた
ジャケットに入れたお前がくれた優しさを
いつまでも心に刻み付けるために