FC2ブログ
31
2011

僕、僕、僕、僕

CATEGORYLast
僕は
それを見て何も感じなかった
ひどく心が病んでいる
動けずにいる自分が苦しい
誰かが
そんなものは甘えだと言った
その通りだと肯定した

僕の
感情は徐々に欠落してゆく
時間を通過しては記録として残る
まるで他人の人生を観ているようだ
灰色だ
楽しみ方を忘れてしまった
乱雑な言葉に
意味を乗せることができないのだ

僕が
最後に残せるコレは
先を歩む自分が嘲り笑うだろうか
それとも後方から野次が飛ぶだろうか
暗い
乗せる色を考える事ができない
見失ってしまったのだ

僕で
火を灯してみた
熱を感じる皮膚は生きていた
それでも痛みはなかった
逃げられる
近道を見つけた小学生のようだ

安易だと教わった
結局のところつきまとうのだ

安易だと教わった
結局のところつきまとうのだ