FC2ブログ
05
2002

友へ

CATEGORY2002
誰にも大切な人がいるはずなのに
誰にも命を奪う権利なんて無いのに

何も考えられない 一人にしてほしかった
俺の周りの言葉は 分かりもしなかった
ベンチに座って いろいろな思い出の中で
俺はキミと笑っていた

誰にも大切な人がいるはずなのに
誰にも命を奪う権利なんて無いのに

空から降る雨は俺の心を感じ取ったように
冷たくて 悲しみにみちていた
けど そんなことはないんだね
俺が泣いている日でも太陽は輝いている

誰にも大切な人がいるはずなのに
誰にも命を奪う権利なんて無いのに

こんなにも悲しいのに泣けない
大人ならば 俺は大人になりたくないよ
思い出に縛られていても俺は大人になっっていくよ
約束した日を信じて俺は大人になっていくよ

キミとの思い出を胸に今俺は
約束のグランドに立っているよ
俺たちの輝きは誰にも消させない